Pocket

韓国で社会現象を起こした胸キュンのハートフル・コメディ!!

ドラマ視聴率№1、百想芸術大賞など多数受賞した超話題作!

 

現代社会で希薄になりつつある“人と人とのつながり”を描いた心温まる作品。

日本でも今年1月に日テレプラスなどで放映され、多くのファンを獲得!!

 

そのラスト結末について、あらすじと感想をご紹介したいと思います。

ネタバレになりますので、くれぐれもご注意ください!



『恋のスケッチ』のラスト結末のあらすじ ~禁じられた恋~

ボラとソヌは、決して自分たちの交際について、誰にも話せないでいました。もちろん家族にも・・・

古くからの伝統に「同姓不婚」の原則があり、「同姓同本」でる二人は、結婚してはならないからです。

 

二人はそのことを知っていたから・・・

朝鮮の氏族制度の伝統だそうですが、なんとも悲しい制度ですよね( ;∀;)

 

まさに忍恋を続けていた二人・・・しかしついにその現場を家族に見られてしまいます!!

公になってしまった二人の交際は、両家から大反対されます( `―´)ノ

 

二人の交際には、大きな壁があり過ぎました・・・

伝統、家族の反対・・・

 

しかし、ここで粘り強いボラの性格がいかんなく発揮されることに・・・

そう二人は、決して交際を諦めない!

 

そのことをお互いの両親に話し、説得しようと決心します!

『恋のスケッチ』のラスト結末のネタバレ ~新たな出発~




諦めないと決めた二人は、行動に移します・・・

まずソヌは、「僕は自分が心から愛している人と結婚したい!ボラがその人なんだ!」と・・・

 

それを聞いた母ソニョンは、悩まずにはいられません。

真面目なソヌの決意した言葉にはそれなりの重みがあったから・・・

 

それに、愛する人と結婚することは間違ったことではないのだから・・・

一方、ボラもドンイルとイルファを必死に説得します!

 

ソヌの行動が更にボラの情熱に火をつけたのです・・・

こうなるとボラを止めることは出来ません!

必死のボラを見て、ドンイルもイルファも次第に二人の交際について理解を示すようになります(^^♪

 

そして、二人の愛はついに認められます♪

その時、ドクソンとテクも静かに愛を育んでいたのです・・・!!

 

恋のスケッチ~応答せよ1988~キャスト一覧から相関図まで!

『恋のスケッチ』のラスト結末のまとめ&感想!

障壁の多い愛をボラとソヌは、勇気を出して乗り切っていったのです・・・愛に勝るものはない!という感じでした♪

 

二人とも親にはいい子で逆らわない性格だったはずが、伝統をぶち壊す行動力と勇気は立派でした!!

・・・親はつらかったと思いますが(笑)

 

むしろ、伝統を重んじるのは、若い二人より親の方だったと思います。

それなのに、二人を許したのですから、それはそれで立派ですよね(^^)v

 

きっと、周りから“あれやこれや”言われることでしょうけど、子どもたちの考えを優先したのですから・・・

また、ドクソンもチョンファンではなく、テクを選んだ・・・

あれ?と思いましたが、こちらもまた愛し合っている二人が一緒になれたのですから、メデタシ!メデタシ!ですね♪

 

みんな、癖はあるものの心の優しい若者たちです・・・きっと幸せになることでしょう・・・!!

 

恋のスケッチの動画をフルで無料視聴するならこちら!

『恋のスケッチ』の動画1話から最終回(20話)全話を無料見逃し視聴可能?